需要があれば大丈夫です|高価買取を希望するなら車の相場と査定をしっかりと確認する

高価買取を希望するなら車の相場と査定をしっかりと確認する

男性

需要があれば大丈夫です

カー

大事なのは修理をした場所

事故車というのは、この部分を損傷したら事故車扱いということが決められており、日本で自動車の流通を担う主な団体の統一基準となっています。具体的には、フロントクラスメンバーやフレームなどの9箇所です。例えば、後ろから追突された弾みで前の車に衝突してしまった場合、これでフロントの定められた部分を修理することになれば、この時点で事故車としての扱いがされてしまいます。また、屋根の部分の骨格であるルーフパネルも、この9箇所のうちの1つに指定されており、これがへこんでしまうと事故車扱いになってしまいます。考えられることとして、降雪地域の屋根からの落雪があります。屋根の雪は想像よりも重く、車の屋根を簡単にへこませてしまいます。

買い手が見つかりにくい

事故車の一番の問題は、販売したくても買い手が見つかりにくいことです。売買は需要と供給なので、供給だけがあっても取引が成立しません。そこで、個人販売ではなく車の買取業車を利用するのです。個人販売ではノウハウが無いために販売できなくても、ノウハウを持っている買取業車に依頼することで、その車の需要に見合った価格で買い取ってもらうことができます。事故車扱いであることによる値下がりはありますが、損傷が軽度であれば思ったよりも高く買い取ってもらうことができます。また、こういったケースは海外に販売することが多いですが、海外で人気のある車種は高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。事故車扱いになっても諦めず、査定を依頼されることをおすすめします。